FC2ブログ

それぞれの住まいづくり

本当の豊かさとは? ゆったり流れる時間だったり、心やすらぐ空間だったり…。 sloeに生きるための住まいづくりを応援します。 地球環境を考えつつ、今、わたしにできることは…?

住宅の地震対策

taishin


昨今、新潟、スマトラ沖などで地震の被害報道が続く。
実際、巨大地震は確実に迫っている。
現在300万件の住宅を診断し、改修する必要があるという。
確実に倒壊するであろう住宅に住んでいて、”来たら来ただ”とのんびり構えていていいのか?

※この記事は2005.1.27に自社HPコラムに掲載されたものです。



家族や自分の命、そして今まさに住んでいる街の壊滅的な打撃を防ぐために、
一人一人が各自のできる限りの防災対策をするべき時期であると思う。
耐震改修に平均170万円かかるという。
決して安くはない。でも、倒壊したら、何千万円も失うことになる。
金額ばかりではない、かけがえのないものも…。
基準法の想定は、損傷限界震度5弱、安全限界震度6弱とのこと。
神戸でも新潟でも部分的には震度7の揺れを記録している。
つまり、現行にぎりぎりかなっている建物はもたない可能性もあるということ。
ゆとりとプラスαが必要だということ。
大きな被害をもたらす出火は、必ず倒壊した建物から出る。
そして近くの倒壊、又は半壊して防火壁が落ち、木部がむき出しになった建物へと広がっていく。
出火が多いと、火柱のような竜巻が起こり、街全体を焼き尽くし壊滅させると言う。
まずは、倒壊しないこと。それだけで被害はうんと減らせるのである。
古い住宅(’81以前)耐震診断は必ずやるべきだと思う。
また、新築の建設においては、手抜き、欠陥は論外、
基準法のみにかなっていればいいものでもなく、
ゆとりとプラスαは必須である。特にこの地域では…

2005.1.27

スポンサーサイト



テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

  1. 2007/11/08(木) 10:34:26|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろクリスマス?! | ホーム | プロの知恵(?)照明>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inkoko.blog123.fc2.com/tb.php/8-21ba6072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

enusu

Author:enusu
HN(ハンドルネーム)えぬ
一級建築士事務所を開設しています。
居心地のいい住まい、
そして美しいたたずまい。
そんな住まいをこころがけています。
店舗デザイン、インテリアコーディネートも得意分野。
エコでスロウな生き方がしたいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる