FC2ブログ

それぞれの住まいづくり

本当の豊かさとは? ゆったり流れる時間だったり、心やすらぐ空間だったり…。 sloeに生きるための住まいづくりを応援します。 地球環境を考えつつ、今、わたしにできることは…?

市民会議

tibi.jpg

所得がない人でも必ずどこかで税金を支払っているわけですが、
その税金の使い道に、一般人は口を出せません。
遠まわしに選挙で意思を伝えるのが精一杯というのが現状ではないでしょうか。

そこに、多少の(?)意見を言える場として、市民会議というのがあります。
たまたま建築士会(支部)から1名ということで、
わたしにそれが回ってきました。
市民会議のメンバーは、医療、福祉、教育、商工、市民運動等、
さまざまな分野で活躍している方々や、
一般市民の公募で選ばれた方々で構成されています。
はじめの市民会議ではみなさんの自己紹介、
そして次は、これまでの市政10年の紹介でした。
箱物(新規の)の多さに驚くとともに、各々の施設に対する市の職員による説明がありました。
現状との食い違いを感じたのは私だけではなかったようです。
(充分に活用されていないと感じたということですが)

結局、箱物は造れど、その後の運営に力が入っていないのです。
建築は、建設費に2割、後の8割は維持運営そして解体の費用です。
建てたからには、どうやって市民に有益に、
せめて納めた税金分のメリットのある還元ができるか。
そういった部分に力を注いで欲しいと思います。

民間のものは、建物を建てることが目的ではなく、
どうやって運営して利益を上げるか、につきます。
その運営次第で会社や個人資産がかかっているわけで、みな必死です。
失敗すれば負債を負い、あるいは解雇され生活や人生がかかっているのです。

ところが、行政の箱物は生ぬるい運営に見えて仕方がありません。
公共のものですから、利益を追求しろとはいいませんが、
税金を還元するくらいの、みなが利用したくなる運営法、
建ててもらって得した、と思える活用法を企画し続けるべきではないでしょうか。
いつまでたっても、税金の無駄遣いの域を出ないのは、
残念だと思います。
だれにも責任がないからなのでしょうか。
命がけの人がいないからなのでしょうか。
所詮、腹の痛まない役人の運営なんですね。



スポンサーサイト



テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/08/09(日) 14:03:33|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つい衝動買いしちゃう訳 | ホーム | あさがお ~その3~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inkoko.blog123.fc2.com/tb.php/73-16fd420e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

enusu

Author:enusu
HN(ハンドルネーム)えぬ
一級建築士事務所を開設しています。
居心地のいい住まい、
そして美しいたたずまい。
そんな住まいをこころがけています。
店舗デザイン、インテリアコーディネートも得意分野。
エコでスロウな生き方がしたいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる