fc2ブログ

それぞれの住まいづくり

本当の豊かさとは? ゆったり流れる時間だったり、心やすらぐ空間だったり…。 sloeに生きるための住まいづくりを応援します。

速攻で「できない」という人

25022-07-04.jpg
切り花のシュートからの挿し木につぼみが!

自分にも当てはまるときがあって反省なのですが、
つい、「できない」と速攻で答えてしまうことありませんか。
時間に余裕がなくて、気持ちにもゆとりがないときはありがちです。

一番ダメなのが、クライアントに対して。
こちらがプロなので、物理的に無理な要望に対して「できません。」とやってしまいがちです 。
例えばリノベーションで、構造上重要な柱や壁を撤去したいという要望。
絶対やってはいけない事であっても、速攻で「できません。」を連発していると、
この設計士さん、ダメダメばかりでいうことを聞いてくれない、
となるのです。
どうしてできないのか、やれる方法はないのか、
そもそもなぜ取りたいとクライアントが考えたのか。
速攻でできませんを言う前に、一旦、立ち止まるべきかと思います。
わたしも、できないと言ってから、後から別の視点で見てみると、
解決策が見えたりするのです。
なんで、一旦持ち帰らなかったのか、次回再度提案してみよう、と思い直すことはあります。

監督さんでも、速攻「できない。」と返ってくる人もいれば、
「検討させてください。」と解決案を考えてくれる人もいます。
クライアントにとって何がベストかと考える人もいれば、
余計な仕事を増やしたくない、と考える人もいます。
どうやったら追加無し、あるいは最小限の追加ででうまく納められるか、と考える人もいれば、
追加(高額だったりします)をしなければやりませんという人も。

勘違いしてはいけないのは、御用聞きのような営繕屋さん。
クライアントう言われるまま、通し柱を切っちゃったり、大切な耐力壁を撤去し、
それに対して構造計算もせず、つじつまの合う補強もしない。
リフォームにありがちです。
(実際、そういったリフォームを繰り返してきたクライアントさんを何件も見てきました)
「できません。」を一切言わないのも恐ろしいのです。
スポンサーサイト



  1. 2022/07/04(月) 11:45:45|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

enusu

Author:enusu
HN(ハンドルネーム)えぬ
一級建築士事務所を開設しています。
居心地のいい住まい、
そして美しいたたずまい。
そんな住まいをこころがけています。
店舗デザイン、インテリアコーディネートも得意分野。
エコでスロウな生き方がしたいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる