fc2ブログ

それぞれの住まいづくり

本当の豊かさとは? ゆったり流れる時間だったり、心やすらぐ空間だったり…。 sloeに生きるための住まいづくりを応援します。

労働力の搾取

IMG_3632.jpg

資本主義というのは、いつしか労働力を搾取し、
お金を操るものへひたすら集まる仕組みのことになってしまいました。
グローバルになればなるほど、国の差は広がり、
搾取の連鎖も広がります。

私たち日本人も世界規模で見れば搾取側になるかと。
かわいそうなくらい安い衣料品や、家電品、
(産地を選ばなければ食品だって)それらを生産している労働力に見合う価格ではないことに
気づきます。

国内でいえば、わたしが仕事をしている建築の世界もしかり。
下請けとなれば、労働力に見合う収入などなく、
いいものを設計しようとすればするほど、自分の時給は下がります。

住宅を規格化して大量生産すればいい。
中小工務店や個人事務所をなくせばいい
と思われるかもしれませんが、
規格化して安くできるようになれば、
その安い住宅に厚塗りの化粧をして広告宣伝をし、高く売る。
ブランドを構築し高級と刷り込む。
そういった大手のみが残るということになってしまいます。
同じような家しか建たなくなり、
個性も、個々の価値観も均一にされ、消費者はまんまと騙されるのです。

頭脳労働者と現場労働者からは労働力を搾取し、
そのお金は大企業が内部保留としてため込む構図は変わりません。
投資家ばかりを見て本来の労働や技術に対しては払わない。

これが資本主義なんでしょう…。
モノ作りはこのままでは衰退してしまうのではないかと思います。
せめて住宅は、個性豊かに、価値観も様々であってほしいと願うばかりです。
そして、技術と労働に正しい対価を払えるようになってほしい。
スクラップビルドで30年で価値のなくなるものではなく、
30年でさらに価値の上がるものとなれば、
土地のみならず上物の住まいも不動産として資産になるはずです。

スポンサーサイト



  1. 2021/06/22(火) 18:38:13|
  2. 資本主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

enusu

Author:enusu
HN(ハンドルネーム)えぬ
一級建築士事務所を開設しています。
居心地のいい住まい、
そして美しいたたずまい。
そんな住まいをこころがけています。
店舗デザイン、インテリアコーディネートも得意分野。
エコでスロウな生き方がしたいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる