FC2ブログ

それぞれの住まいづくり

本当の豊かさとは? ゆったり流れる時間だったり、心やすらぐ空間だったり…。 sloeに生きるための住まいづくりを応援します。 地球環境を考えつつ、今、わたしにできることは…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気になるサイト

HOUZZというサイトは、とても面白い記事がある。
様々な建築家の手がけた建築や住まいの紹介も興味深い。
こんな記事があった。↓


こちらの記事を読んでなるほどと思う。
コンセプトを大切にすることはずっとしてきたこと。
確かに、とうなづく部分ばかりだが、一点だけ。
「シンプルにするとコストがかからない」みたいな部分があるが、
むしろシンプルにするためにコストがかさむ事の方が多いのでは?
さらには、知恵も…

スポンサーサイト
  1. 2018/08/29(水) 20:05:00|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅をプチリフォームしてみた ~その3

キッチン
仕上がったキッチン

イケアの宣伝マンではないが、
できてみて、この引出収納の使いやすさと収納力におどろいています。
今までの開き扉の収納は、市販の便利道具を駆使しても、
やっぱり奥の方は使いにくい。
何がしまってあるか忘れます。
それにひきかえ、いっぱいに引き出せる引出は奥までが一目瞭然です。
探し物もすぐみつかりますし、
出し入れがなんと楽なのでしょう!
引出は大きさによりますが、一杯あたり四千円台~七千円台です。(マキシメーラ)
ファルヴァーレという3/4しか開かないタイプですと千円台~二千円台という安さ。
通常、製作家具では、引出金物だけで購入しても1セット万円単位の定価です。
今回利用はしませんでしたが、
トールキャビネットには掃除道具収納ラックやら、バスケット引出(2500円)など、
いろいろパーツがそろってます。
また、浅い引出を整理しやすくするカトラリートレイなんかは数百円で売ってますし、
竹製のちょっといいのでも千円台~三千円台です。

kitchenanim


c1-ANIMATION.gif

ツールバーも799円だったりして、連結させると長く使えます。
フックは5個で199円(これ廃番)。
水切りや引っ掛けるボックスなども千円以下でいろいろ選べます。
パーツの組み合わせをうまく設計すれば、
安くて使いやすい、そしてシンプルで美しいキッチンになるんです。


  1. 2018/06/15(金) 12:20:45|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅をプチリフォームしてみた ~その2

senmen plan  zumen3.jpg
洗面もイケアに

キッチンを設計してから、イケアの店舗で納期の打ち合わせや在庫部品の確認、
見積もり等々通うこと数回。
お付き合いのある工務店さんとも、工期・納期を調整します。
キッチンは一旦工務店さんの倉庫に納入し、
カウンター天板の穴あけや、下地材料・キッチンパネルなどは
作業場で加工してもらいます。

洗面台も一緒にイケアで買いました。
こっちも設備メーカー品に比べるとかなり安いです。
でも、既設の撤去処分や、コンセントの移設、
下地の作成やパネル貼り(キッチンパネルのあまりですが。)
など、各職方に依頼するので、
作業工程表を作成し、職人さんが何度も足を運ばずに済むよう調整します。

はじめは、痛んだフローリングの上貼りです。
床材はネットで購入。
なかなかのボリュームで、運び込みが大変でした。(マンションなので)
天然木の味わいがあってなかなかいい素材です。
釘・接着剤が不要な床材です。
はじめは大工さんが、
接着剤と釘をうたないとベコベコになる。
材料の反りもあるしうまくいくかわからない。
などと言ってましたが、貼ってみたら絶賛していました。
ピタッと、うまくいくもんです。

tool box のイージーフローリング

痛んだ床の不陸調整に下地
Tuplex

つづく



  1. 2018/06/09(土) 19:40:52|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅をプチリフォームしてみた 〜その1

わが家はすでに住み始めてから27年が経ち、
自慢ではないが一度も手を入れたことがありませんでした。
医者の不養生とでも言いますか、
人様の住まいを一生懸命考え続けてきたものの、
自宅は後回し。

特に設備系の傷み方はひどい。
キッチンの開き扉はガタつき、取っ手も付け直したが取れたところも。
ガスコンロは1箇所着火しなくなっちゃったし、
水栓はプラスチック部分が割れて水が飛び散る。
部品は廃番です。
洗面台も水栓が破損し使いにくい。

さらに、床の防音フローリングボード(※1)は
表面の突板がところどころはがれ、
裸足で歩くととげが刺さる始末。
ぼちぼち何とかしなければならない時期。
そこで、プチリフォーム計画を立てることにしました。

まず、キッチンを設計してみました。
いろいろ検討した結果、イケアにしました。
何がいいかって、安い。引出をたくさんつけることができます。

キッチン部分(左の図は内部引出)
kitchen plankitchen plan in
クリックで拡大

カップボード部分(左の図は内部引き出し)
cupboad plancupboad plan in
クリックで拡大  ※梁型がでているため上部はずれています。

引出はがいっぱい入って見た目がごちゃごちゃし勝ちですが、
イケアは引出の中に引出を取り付けることができます。
まるでオーダーキッチンのようです。
箱寸法に規格がありますので半端な数字のものはできませんが、
パーツの種類が豊富で、ちょっとした設計の工夫でかなり使いやすいものができるのです。
ほんとうはお施主様方にもおすすめしたいところですが、
キッチン本体より、設計・施工にお金がかかってしまうところを理解していただくのが困難と、
施工者サイドから難色を示されることが多く、実現に至りません。
というのも、あくまでイケアは家具屋さん。
結局、設計者工務店経由でプランを作成しなければなりません。
プランニングサービスや組立サービスはありますが、
組み合わせに対するアドバイスをする程度で、
あくまでも家具を組み立てるだけです。
(わたしでもできる、慣れればスイスイ)
使い勝手を考えた提案や、
元のキッチンの解体撤去、養生、
施工時の下地を入れたり、キッチンパネルを貼ったり、
給排水の接続や電気・ガスなどはそれぞれ職方に依頼しなければならず、
結局、工務店と一緒でなければ一般の方でのDIYはかなり難しいものです。

話はそれましたが、こちらは建築設計のプロだし、監督も自分でやって
組立も自分でやって、材料の手配から職方の手配も自分でやろう。

と、スタートしました。





  1. 2018/06/03(日) 17:57:15|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

年賀状
本年もよろしくお願いいたします。



テーマ:年末年始、お正月 - ジャンル:ライフ

  1. 2018/01/01(月) 00:00:00|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「生きる」のが大変なこと~そうなる前に

IMG_1689.jpg

このところ高齢の母を病院に連れて行くことが多くなりました。
自分自身も老いを感じ始めていますが、
後期高齢者のそれはそんなものじゃありません。

「生きる」のが大変、ということは、
立ったり座ったりすることすら大変ということ。
骨の変形により腰に炎症をおこしてしまい、
今は痛くて横になることすら大変になってしまった母をみていて感じます。
炎症が治まり、痛みが取れて動けるようになっても、
衰え続け無くなる寸前の筋肉のせいで骨の変形はもっと進んでしまうかもしれません。
こうして人は寝たきりに移行してしまうのかもとふと思います。

運動しない(習慣がない)

筋肉が衰える
骨密度が減る

姿勢が悪くなる(動くのがどんどんおっくうに)

圧迫骨折(入院)

リハビリ

一旦回復

リハビリ終了と共にまた運動不足(さらに動くのが大変に)

筋肉減少が深刻なほど進む

姿勢が保てず骨の変形進む・心臓や腎臓の衰え

骨の周辺の炎症

…まだ間に合うのでしょうか…

運動の習慣はすごく大切なことなんじゃないかと感じるようになりました。
筋肉は運動以外で増やすことはできないからです。
これは習慣にしなければいけません。
やめた時点で若者ですら筋肉はあっという間に減ります。
毎日、毎週、定期的に習慣にすること。
一生続けなければなりません。
がんや心臓病などの疾病で内蔵が先に駄目になればベッドでの闘病は数か月で終わるでしょう。
でも、体が先に駄目になったら何年も介護が必要な状態が続きます。
「生きる」のが大変な状態で何年も自力で動けない生活が続くのは本人もつらいと思うのです。

健康のためにと、メタボなどの成人病予防に食事制限などが言われていますが、
運動習慣のほうがはるかに大切なんじゃないかと感じるこの頃です。





  1. 2017/11/08(水) 12:30:00|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築のコスト~その3最大限満足のいく住まいにするために

sIMG_1479.jpg
ある日の食卓(本文無関係)

どんなお金持ちでも、予算はあります。
そして、要望と予算は合わないことが多いです。
そういった時にどうすればいいのでしょう。
あちこちのハウスメーカーや工務店を渡り歩けばいいのでしょうか。
以前も書きましたが(その1)、それで高い安いを判断することはできません。

まず、
何を求めて住まいを建てようと思ったか。
煮詰まった時に原点に立ち返ってみてはいかがでしょう。
毎日の暮らしをよりよくするために、
・住みやすい。
・家族の距離を適度に保つ。
あるいは、長いスパンで家族の変化についていく。
・居心地。
・やすらぎ。
・取り巻く人々との関係。

40坪くらい欲しい、とか、〇帖〇部屋欲しい、
と考えるより、
漠然と暮らしのシーンをイメージして考えてみるといいのではないでしょうか。
むやみに広ければ住みやすいわけではありませんし、
お蔵の様な収納部屋がいくつもあれば片付くわけでもありません。

設計者は、そのイメージに寄り添い、
想像を膨らませながら提案するのです。

要望よりちょっと小さめに、
ちょっと優しい素材で、
ちょっと遊び心とゆとりを混ぜ込んで…

何度も打ち合わせをし、一緒に創り上げていくことができれば、
家族で考え抜いたと感じていただけるし、
すまいを大切に思い、満足のいくものになると私は思います。

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/25(日) 18:27:31|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築のコスト~その2 高いの?安いの?

hana

前回は、概算見積なんていうのは割りと誤差がある(出しようがないので)というお話をしましたが、
今回は、高い安いをどう見るか、といういちばん大切な部分を。

いい材料を正しいルートで入手し、
頭脳労働や現場労働、つまり直接的に家造りに関わる、設計者や監督、職人に
正当な技術料・監理料をかける。
それが一番合理的に、高品質で割安な建築になります。
でも、実際は、広告宣伝や、紹介マージン(これも広告宣伝の一部?)に驚くほどのお金がかかっているのはあまり知られていません。平均的な住宅であれば、なんと100万円~とも言われます。
住宅情報誌から資料請求すれば、紹介料を工務店は払わなければならなかったりするのです。
それに比べれば、設計料は建築の一番のキモであるにもかかわらず安いですよね。
(設計者の独り言です)

だからって、じゃあクライアントさんはどうやって設計事務所や工務店をさがせばいいのか。
ネットで探しまくる?
口コミ?
ネットコンペサイトなどもありますが、やっぱりサイト運営側に掲載料や成約料を払っていることが多いです。
無料掲載サイトもありますが、真っ先に検索に引っかかってくるのは高額な成約料のかかる大手サイトでしょう。

でも、それを言ったら、どんな商品も中間マージンや小売マージンはかかっているわけで、仕方のないことではあります。
ただ、その額が建築という高額なものですので何%であろうと膨大な負担額であるのは否めません。

そういった部分をわかった上で、口コミやネットを上手く利用してください。
高い安いはそこの部分が大きいからです。

次回は、建築に求めること。
あなたは何を求めて住まいを建てようと思いましたか。
何にお金をかけ何を省くか、
そこに予算に見合う、最大限満足の行く住まいづくりの鍵があります。




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/04/04(火) 00:27:12|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築のコスト〜その1 概算って?

夕焼け

建築は設計と監理、そして施工があってモノはできます。
人が仕事をすれば賃金が発生し、モノを入れれば材料費がかかります。
そのパーツの多さと職種の多さと人の手間の多さで、
さっさと金額が出ない代物なのです。
しかも個性あふれる建築であればなおさらです。
よく、ザクッといくらくらいかかるの?と聞かれます。
設計者はなんでもわかるでしょ、というわけです。
パパッとわからないから見積もりが必要なのですが、
細かく見積もるのはまだいいから、っていうのです。
規模が大きければ大きいほど誤差は出ますし、
数百万単位で違ってくることも珍しくはありません。
例えば、大きなバケツに小銭がごっそり入ってたとします。
ざっくりいくらでしょう。って言われて出せるかという事です。
1円玉から500円玉まであって、どれがいくつ入ってるかなんて
数えなければ出ないのです。
せめて目分量でわかる程度に整理してからでなければ
ザクッとすら出す事はできないのです。

さて、建築に話を戻します。
ここでは主に住宅などの中小規模の建築についてです。
「相見積もりを取りましょう」、とノウハウ本に書かれているので
何社もハウスメーカーや工務店を渡り歩いている方を見かけます。
でもこれは相見積もりではありません。
高い安いは同じプランで同じ仕様で同じ納まりでなければわかるわけはないのです。

金額の高い安いの見極めは実は単純。
予算に収まるかどうか、以外は振り回されないようにしましょう。
実はそれ以上に重要な、満足度や質の高い建築にするためのポイントに気づいて欲しいと思います。

それはまた次回。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/02/11(土) 15:18:56|
  2. 住まい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

2017
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/01(日) 00:00:00|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

enusu

Author:enusu
HN(ハンドルネーム)えぬ
一級建築士事務所を開設しています。
居心地のいい住まい、
そして美しいたたずまい。
そんな住まいをこころがけています。
店舗デザイン、インテリアコーディネートも得意分野。
エコでスロウな生き方がしたいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。